HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  一般皮膚科»  ニキビ(膿疱性ざ瘡)の治療

ニキビ(膿疱性ざ瘡)の治療

ニキビ(膿疱性ざ瘡)の治療

◆ニキビの治療方法

■内服治療

漢方治療を中心とした体質・肌質の改善を行い、抗生物質の内服は最小限にします。各種ビタミン剤を併用したり、時に女性ホルモン剤を処方することもあります。

■外用治療
化膿した時は、アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなどの抗菌剤を使用し、その後は、ディフェリンゲルやベピオゲルと保湿性ビタミンCローション(またはビタミンCジェル)にて、ニキビ肌の改善やニキビ跡を治します。

【外用薬】
■抗菌薬
アクアチムクリーム・アクアチム軟膏・アクアチムローション
ダラシンTゲル・ダラシンTローション
イオウカンフルローション・ゲンタマイシンクリームなど
■脂漏肌+ニキビ肌改善薬
ディフェリンゲル
■ニキビ肌改善+抗菌薬
ベピオゲル
■保湿剤
ヒルトイドローション・ビーソフテンローション

【院内製剤】
VCローション(水溶性ビタミンC誘導体10%+保湿成分)
VCDジェル(油溶性ビタミンC誘導体10%+美白成分)

■面疱圧出
炭酸ガスレーザーにて、毛穴につまった皮脂をニキビ跡になる前に0.1ミリの穴をあけて溶解・圧出します。

■ニキビによるシミ
レーザー治療と美白外用剤を組み合わせて治します。


◆ディフェリンゲル・ベピオゲルと外用抗菌薬の使用方法

ディフェリンゲルは脂漏肌体質を改善するだけでなく、毛穴の詰まりを治しながら、外用抗菌薬が毛穴に吸収されるのを補助します。外用抗菌薬を併用することで、毛穴が閉塞しているニキビの化膿や炎症にも効果があります。
またベピオゲルはニキビ肌体質の改善だけでなく抗菌作用もあるので、単剤の外用でニキビ治療が可能です。

1   基剤の選択
外用抗菌薬の基剤にはローション・ゲル・クリーム・軟膏があり、肌質によって基剤の種類を選択します。例えば、脂っぽい人でしたらローション~ゲル剤、混合肌の人はゲル~クリーム剤、アトピー体質がある人は軟膏剤というような選択を行っています。
また、ディフェリンゲルは脂漏肌ニキビの人、ベピオゲルは混合肌ニキビの人へ処方しています。
2a ディフェリンゲルの外用方法
まず洗顔後に化粧水で保湿し、乾燥肌の方は乳液などがあればそれも使用して下さい。
乾燥肌の強い方は、保湿剤も処方します。
その後ニキビやコメドの部分に外用し、少し間をおいてダラシンTゲルなどの外用抗菌薬を赤いニキビの部分を中心に外用します。外用抗菌薬を生かすためには、治療開始と同時にディフェリンゲルとの併用を開始し、外用抗菌薬は1日2回、ディフェリンゲルは1日1回外用することが重要です。
2b ベピオゲルの外用方法
まず洗顔後に化粧水で保湿し、乾燥肌の方は乳液などがあればそれも使用して下さい。
乾燥肌の強い方は、保湿剤も処方します。
その後1日1回夜に、ニキビやコメドの部分に広めに外用して下さい。特に指示が無い限りは外用抗菌薬を併用する必要はありません。また、使用後はベピオゲルは冷蔵庫で保管して下さい。
3 刺激が強い場合
1)ディフェリンゲルは脂漏肌改善に必要ですが、刺激感が必発で、肌がヒリヒリすることがしばしばあります。通常は外用前の化粧水や乳液でしっかり保湿したり、保湿剤を処方して肌を保護することで解決します。それでも刺激感の強い場合は、ディフェリンゲルの連用は避け、2~3日間をあけながら使用して下さい。
2)ベピオゲルはディフェリンゲルに比べて刺激感は少ないようです。通常は化粧水の保湿で十分ですが、保湿剤を併用することで刺激感は無くなります。
 



◆ニキビ肌やニキビ跡の治療方法

ニキビ肌やニキビ跡が気になる方は、外用抗菌薬やディフェリンゲルとの併用可能なビタミンC誘導体製剤を使用する事をお勧めします。>>>ビタミンC誘導体については自由診療院内製剤へ

■外用治療薬とビタミンC誘導体(VCローション・VCDジェル)の使用方法

1.朝の使用方法

オイリー肌の方
1   洗顔後にVCローションを化粧水として顔全体に塗布します。
2 ニキビに抗菌薬(アクアチム・ダラシンT・イオウカンフル)を外用します。
3 ニキビあとにはVCDジェルを塗りますが、それぞれが重なってもかまいません。
4 その後は通常通りのメイクやUVケアをして下さい。


混合肌の方
1 洗顔後ご自身の化粧水で保湿し、ニキビの部分にVCローションを適量塗布します。
2 ニキビに抗菌薬(アクアチム・ダラシンT・イオウカンフル)を外用します。
3 ニキビあとにはVCDジェルを塗りますが、それぞれが重なってもかまいません。
4 その後は通常通りのメイクやUVケアをして下さい。

2.夜の使用方法

オイリー肌の方
1   洗顔後にVCローションを化粧水として顔全体に塗布します。
2 ニキビ肌やオイリー肌の部分にディフェリンゲルを外用します。
3
 
ニキビには抗菌薬、ニキビあとにはVCDジェルを塗ります。
抗菌薬やVCDジェルが重なってもかまいません。
4 ニキビのない部分は通常通りのナイトケアをして下さい。


混合肌の方
1 洗顔後ご自身の化粧水で十分に保湿します。
その後、ニキビの出来やすい部分にVCローションを適量塗布します。
2 次にベピオゲルをニキビ肌全体に広めに外用します。
3 ニキビあとにはVCDジェルを塗ります。
ベピオゲルとVCDジェルが重なってもかまいません。
4 ニキビのない部分は通常通りのナイトケアをして下さい。

2016-01-21 21:32:18

一般皮膚科