HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  一般皮膚科»  肝斑の治療

肝斑の治療

肝斑の治療

肝斑は日本人を含むアジア系の人種においては、比較的頻度の高い色素性病変の1つです。30~50歳代の女性の顔面に好発するため、QOLの低下が著しいので、肝斑を正しく診断し、適切に治療する事は重要となります。発症因子や悪化因子として、紫外線曝露、妊娠、経口避妊薬、光毒性物質配合化粧品の外用、ストレスなどがあげられています。

■肝斑の臨床型

頬骨部型   最も頻度の高いもの
眼周囲型   重症なもの
口周囲型   口を囲むようにみえるもの
頬部外側型   頬部外側の耳前部に三日月の形をしたもの


肝斑にレーザー治療は効果ないので、内服薬と美白外用剤による治療となります

■内服による治療
トラネキサム酸とビタミンCに加えて、漢方薬による治療も行います。

■美白剤による治療
内服薬に併用して、朝と夜に化粧水等で保湿した後、下記を重ね塗りします。

■ビタミンC誘導体    
VCローション30ml
VCDジェル10g

 
2,500円
1,200円
■ハイドロキノン製剤    
メラノキュア軟膏5g
5%HQクリーム5g
  2,100円
2,100円
■トレチノイン製剤
TRT軟膏5g
 
1,000円


■美白剤の使用方法

1.VCローション+TRT軟膏+HQクリーム

初めの2週間……皮膚への刺激が稀にあるので、夜のみ1回塗布して下さい。

<夜のお薬の塗り方>
1   洗顔後VCローションを顔全体に塗ります。
乾燥肌の方はご自身の化粧水を先に塗ってもかまいません。
2   TRT軟膏を肝斑の部位に薄く塗り、数分おいて完全に乾いたら、さらにHQクリームも重ねて塗ります。
3   TRT軟膏による皮膚の乾燥が強い場合は、薬剤の塗布後一定時間をおいて、就寝前などにクリーム・オイルなどを使用してもかまいません。

※この時点で皮膚に赤み・腫れ・痒みなどがあった場合は医師にご相談下さい。

3週間目から……2週間で皮膚に刺激が無かった場合は、朝夜の2回塗布して下さい。

<朝のお薬の塗り方>
1   洗顔後VCローションを顔全体に塗ります。
乾燥肌の方はご自身の化粧水を先に塗ってもかまいません。
2   TRT軟膏を肝斑の部位に薄く塗り、数分おいて完全に乾いたら、さらにHQクリームも重ねて塗ります。
3   その後は通常通りのメイクやUVケアをします。

<夜のお薬の塗り方>
1   洗顔後VCローションを顔全体に塗ります。
乾燥肌の方はご自身の化粧水を先に塗ってもかまいません。
2   TRT軟膏を肝斑の部位に薄く塗り、数分おいて完全に乾いたら、さらにHQクリームも重ねて塗ります。
3   TRT軟膏による皮膚の乾燥が強い場合は、薬剤の塗布後一定時間をおいて、就寝前などにクリーム・オイルなどを使用してもかまいません。

※この時点で皮膚に刺激症状があった場合は、夜だけの使用にして下さい。


2.VCDジェルとHQクリームの使用法

トレチノイン製剤(TRT軟膏など)の刺激が強く、肌に合わない場合は、保湿力の強いVCDジェルとHQクリームを使用します。

初めの2週間……皮膚への刺激が稀にあるので、使用開始2週間は夜のみ1回外用して下さい。

<夜のお薬の塗り方>
洗顔後ご自身の化粧水で保湿し、VCDジェルを肝斑の範囲全体に塗り、さらに色素の濃い部分にHQクリームを重ねて塗ります。その後は通常通りのナイトケアをして下さい。

※この時点で皮膚に赤み・腫れ・痒みなどがあった場合は、医師にご相談下さい。

3週間目から……初めの2週間で特に刺激が無かった場合は、3週間目より朝夜の2回外用して下さい。

<朝と夜のお薬の塗り方>
洗顔後ご自身の化粧水で保湿し、VCDジェルを肝斑の範囲全体に塗り、さらに色素の濃い部分にHQクリームを重ねて塗ります。その後は通常通りのメイクやナイトケアをして下さい。

※この時点で皮膚に刺激症状があった場合は、HQクリームの外用は夜だけにして、朝はVCDジェルのみを塗って下さい。


その後約3ヶ月間は治療を続けてから効果を判定して下さい。肝斑治療の飲み薬もあるので希望する方は医師にご相談下さい。肝斑の外用治療を行っている場合、夏季は紫外線防御を徹底して行い、冬季はしっかりと保湿して皮膚の乾燥に注意して下さい。
 

2016-01-21 21:28:47

一般皮膚科