HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  皮膚科漢方治療»  ニキビ(膿疱性ざ瘡)の漢方治療

ニキビ(膿疱性ざ瘡)の漢方治療

ニキビ(膿疱性ざ瘡)の漢方治療

■ニキビ(尋常性ざ瘡・膿疱性ざ瘡)
ニキビ(尋常性ざ瘡)は脂腺性毛包が侵される疾患です。顔や胸背部に出来やすいのはこの部分に脂漏性毛包が多く集まっているからであり、思春期に多発するのは、男性ホルモンの分泌が盛んになり、脂腺の活動が亢進するためです。

(1)男性ホルモンの脂腺刺激作用による皮脂の分泌亢進
(2)毛包漏斗部の角化障害による毛孔の狭窄
(3)毛包漏斗部のアクネ桿菌の存在

これら3つの因子が基盤となり、このほか、遺伝的素因、年齢、ストレス、食事、機械的刺激、化粧品などの内的、外的因子が複雑に関与して発症します。
漢方医学は、ニキビの状態と、全身の状態から種々の漢方薬を選択します。もちろん薬だけでなく、洗顔、食事などの日常生活の改善も大切です。
 

■漢方薬の作用  
男性ホルモンを抑制 芍薬甘草湯、十味敗毒湯
抗炎症作用 清上防風湯、黄連解毒湯、白虎加人参湯
化膿性丘疹 排膿散及湯、荊芥連翹湯、十味敗毒湯
女性月経周期 当帰芍薬散、桂枝茯苓丸(+薏苡仁)、桃核承気湯
胃腸虚弱 安中散、六君子湯、半夏瀉心湯
冷え性が強い 当帰四逆加呉茱萸生姜湯、人参湯
ストレス型 四逆散、半夏厚朴湯、加味逍遥散、抑肝散
浮腫や多汗を伴う 五苓散、猪苓湯、三物黄莟湯
便秘 大黄牡丹皮湯、桃核承気湯、大黄甘草湯


外用抗菌剤とディフェリンゲルやベピオゲルなどで炎症反応を抑えながら漢方薬で体質を整えるといった西洋薬との併用も効果的です。
ただし、抗生物質の内服は最小限にとどめた方が良いと思います。

治療開始から2か月ほど経過を観察します。改善傾向が見られない場合は、他の処方を考えます。ただし、ニキビが治る前に体質が改善していることもあるので、効果判定は全身の状態を観察して慎重に行います。

■粉末の漢方エキス剤が苦手な方
飲みやすい錠剤の漢方もあるので、医師にご相談下さい。
十味敗毒湯錠、黄連解毒湯錠、桂枝茯苓丸錠、白虎加人参湯錠、桃核承気湯錠、ヨクイニン錠


■女性の臨床症状による漢方エキス剤処方例

1.重 症  
炎症が主
丘疹膿疱:
膿疱が多:
化膿が多:
炎症強い:

排膿散及湯+清上防風湯
排膿散及湯+小柴胡湯
排膿散及湯+白虎加人参湯
上記に桔梗石膏を併用
膿疱が主
皮脂が多:
生理増加:
生理悪化:
便秘悪化:

排膿散及湯+芍薬甘草湯
排膿散及湯+桂枝茯苓丸
上記に芍薬甘草湯を併用
排膿散及湯+桃核承気湯
丘疹が主
皮脂が多:
生理悪化:
便秘悪化:

清上防風湯+芍薬甘草湯
清上防風湯+桂枝茯苓丸
清上防風湯+桃核承気湯

 

2.中等症  
膿疱が主
皮脂が多:
生理悪化:
便秘悪化:
紅斑が多:

十味敗毒湯+芍薬甘草湯
上記に桂枝茯苓丸併用
荊芥連翹湯+桃核承気湯
荊芥連翹湯+桂枝茯苓丸
丘疹面疱
皮脂が多:
生理悪化:
便秘悪化:
紅斑が多:
痒みが有:

芍薬甘草湯+桂枝茯苓丸
上記に当帰芍薬散を併用
桂枝茯苓丸+大黄甘草湯
芍薬甘草湯+白虎加人参湯
芍薬甘草湯+黄連解毒湯
体力ない
膿疱が有:
月経困難:
胃腸虚弱:
ストレス:

十味敗毒湯
十味敗毒湯+当帰芍薬散
十味敗毒湯+半夏瀉心湯
加味逍遥散や四逆散併用

 

3.軽 症  
部位症状
丘疹面疱:
膿疱散在:
頬部丘疹:
口囲丘疹:

桂枝茯苓丸薏苡仁湯
排膿散及湯を併用
十味敗毒湯+ヨクイニン
黄連解毒湯+半夏瀉心湯
他の症状
生理悪化:
便秘悪化:
胃腸虚弱:
むくみ有:
冷え症有:

桂枝茯苓丸、当帰芍薬散
桃核承気湯
半夏瀉心湯、六君子湯
五苓散、三物黄莟湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
ストレス 加味逍遥散、四逆散
半夏厚朴湯、抑肝散

2016-01-20 22:57:43

皮膚科漢方治療