HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  皮膚科漢方治療»  慢性蕁麻疹の漢方治療

慢性蕁麻疹の漢方治療

慢性蕁麻疹の漢方治療

■慢性蕁麻疹
医療機関を受診される蕁麻疹の中で最も多いものが特発性蕁麻疹(急性・慢性)で、思い当たる原因や刺激がないのに自発的に現れることが特徴です。このタイプの蕁麻疹は形と大きさが様々で、毎日のように症状が現れます。夕方から夜、ないし明け方にかけてひどくなることが多く、疲れやストレス、細菌やウイルス感染があると悪くなります。多くの特発性蕁麻疹は発症して1ヶ月以内に治りますが、1ヶ月以上経過したものはその後も長く続くことが多く、治療も難治性となります。特に、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤内服でコントロールできない蕁麻疹に対して、個人の体質改善を目標とする漢方薬はかなり有効です。

発症して1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、1ヶ月以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びます。急性蕁麻疹の場合は、麻黄剤、麻黄と石膏の配合剤、茵蔯加剤が適応になります。慢性蕁麻疹の場合は、その原因や誘発因子に対する漢方治療を考え、食事性(魚介類など)、物理性(温熱や寒冷刺激など)、コリン性(発汗による)、心因性(ストレス)に分類して処方します。原因不明の場合は、柴胡剤や駆瘀血剤使用します。

治療は証をとらえ、性差、体格、体質、胃腸状態、精神状態を加味しながら、その人に合った漢方薬を処方します。

■蕁麻疹の分類別漢方エキス剤処方例

急性蕁麻疹  
◆麻黄剤 麻黄湯、葛根湯、越婢加朮湯、麻黄附子細辛湯
◆茵蔯加剤 茵蔯蒿湯、茵蔯五苓散
慢性蕁麻疹  
◆食事性 香蘇散、防風通聖散
◆物理性
温熱刺激
寒冷刺激
冷え強い

消風散、白虎加人参湯
麻黄附子細辛湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
◆コリン性
発汗刺激
ストレス

防己黄耆湯、桂枝加黄耆
加味逍遥散、抑肝散
◆心因性 半夏厚朴湯、抑肝散、加味逍遥散、四逆散
特発性蕁麻疹    
◆胸脇苦満
◆臍傍部痛
大柴胡湯、柴胡桂枝湯、柴胡加竜骨牡蛎湯
桂枝茯苓丸、通導散、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯

2016-01-20 22:25:53

皮膚科漢方治療