HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  皮膚科漢方治療»  円形脱毛症の体質別漢方治療

円形脱毛症の体質別漢方治療

円形脱毛症の体質別漢方治療

■円形脱毛症
円形脱毛症の脱毛部では、成長期の毛根がリンパ球により破壊され、縮んで休止期のようになっているため、一種の自己免疫性疾患であると考えられています。このため、副腎皮質ホルモン剤などの免疫抑制剤でこのリンパ球の働きを抑える治療が主体になっています。副腎皮質ホルモン剤の治療は奏功する場合が多いようですが、減量や中止による再発が少なくないようです。漢方薬を併用することで、漢方薬自体の効果とともに副腎皮質ホルモン剤の減量・中止による再発を軽減することができ、漢方薬のみでも治療は可能となります。
漢方医学ではストレスなどによる自律神経の失調、つまり「気」の異常を主な原因と考え、気剤を中心に処方している報告が多いようです。胸脇苦満があれば、免疫調整作用のある柴胡を含む柴胡剤が治療の中心になります。

■漢方治療
実証の場合は、安静鎮静作用の強い柴胡加竜骨牡蛎湯が第一選択となります。中間症の場合は、小柴胡や抑肝散などを処方します。虚証の場合は、易疲労、血色不良があれば桂枝加竜骨牡蛎湯、加味帰脾湯など、精神症状があれば抑肝散陳皮半夏を処方する機会が多いようです。このような気剤が単独で効かない、あるいは冷え症などの他の症状を強く認め、そのを改善が必要と考えられる場合は、症状により漢方薬も追加併用します。
漢方薬が有効な場合、発毛の前に精神症状や冷え・胃腸障害などの全身症状が最初に改善されるので、治療効果判定の目安になります。

証による漢方エキス剤処方例

     漢方エキス剤
◆実証: 柴胡加竜骨牡蛎湯
大柴胡湯
防風通聖散(+桂枝茯苓丸)
◆中間: 小柴胡湯
抑肝散
五苓散
荊芥連翹湯
◆虚証: 桂枝加竜骨牡蛎湯
加味帰脾湯
抑肝散陳皮半夏、
加味逍遙散
当帰芍薬散(+小柴胡湯)

2016-01-20 22:12:35

皮膚科漢方治療