HOME
サイトマップ
プライバシーポリシー

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-1 サンモールTビル2階

調布市,仙川,皮膚科,アトピー,漢方治療,小児皮膚科,レーザー治療,【仙川皮フ科クリニック】

お知らせ医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ症例治療の流れ

診療案内

モバイルサイト
トップページ»  診療案内»  小児皮膚科»  とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

◆とびひ(伝染性膿痂疹)とは

■原 因
あせもや虫刺されを掻きこわした傷、すり傷、ジクジクした湿疹などに細菌(黄色ブドウ球菌やレンサ球菌)が感染して起きます。これらの細菌は、健康な皮膚には感染しませんが、傷ができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染してしまいます。「とびひ」という名前のとおり火の粉が飛ぶように次々とうつる病気です。

■症 状
強いかゆみのある水疱やカサブタができ、それが破れてジクジクします。破れて出た浸出液が付着することによって感染します。

■治 療
抗生物質とかゆみ止めの飲み薬を服用し、抗生物質軟膏とリント布に亜鉛華軟膏をのばして貼付し、包帯巻きをします。細菌培養検査にて原因となる細菌を同定し、最も効果のあるお薬を処方します。最近のとびひには、ゲンタマイシン軟膏はほとんど効果ありません。内服薬の抗生物質の効かない耐性黄色ブドウ球菌もあります。

■予 防
(1)夏は毎日お風呂に入るかシャワーを浴び、石鹸を使ってよく洗浄し、よく流しましょう。
(2)アトピー性皮膚炎や湿疹の治療に努め、虫さされ、すり傷などは早めに治しましょう。
(3)爪は短く切り、外出後や遊んだ後には手をよく洗い、鼻をいじるのはやめましょう。
(4)ひと夏に何回もとびひにかかる子供もいるので、しっかり治療・予防しましょう。
(5)強酸性水を使用すると効果的です。


◆軟膏処置の方法

1   患部は石鹸を泡立てて、なでるように丁寧に洗い、シャワーでしっかり洗い流します。
石鹸がしみて痛い場合はしみない石鹸もあります。
抗生物質軟膏(アクアチム、アクロマイシンなど)を水疱やビラン面に塗ります。
2 ガーゼまたは亜鉛華軟膏(サトウザルベ)を均等な厚さに延ばしたリント布で完全に覆い、ネットや包帯で固定します。
3 アトピー性皮膚炎を合併して痒みが強い場合は、もともとの湿疹の部位にはステロイド軟膏を塗り、とびひの部位には抗生物質軟膏を塗ります。そして、掻かないように亜鉛華軟膏(サトウザルベ)を延ばしたリント布で覆って、包帯で固定します。
4 以上の処置を1日1~2回繰り返し行い、3~4日後に再受診して下さい。
家庭で無理なようであれば、毎日通院して処置します。


◆とびひに感染した時の注意

  登園・登校について
他の子供にうつさないように、なるべく子供同士は触れあわないように気をつけましょう。保育園や幼稚園、学校などの集団生活をさせる場合には、患部をガーゼで覆い、直接触れないようにしましょう。「とびひ」の範囲が広い場合は休ませたほうが良いこともあります。
プールや水遊びについて
プール(水泳)や水遊びは完全に治るまで、絶対に禁止しましょう。
お風呂について
お風呂に入ってもかまいませんが、完全に治るまではシャワーやかけ湯にとどめ、湯船にはつからないほうがよいでしょう。また、他の子供と一緒に入るのは避けた方が良いと思われますが、傷や湿疹がなければ必要以上に神経質になることはないでしょう。
絆創膏付きテープ(バンドエイド)について
とびひの部分をバンドエイドなどで覆って受診する子どもを見かけますが、通気性や吸湿性が悪く、中で細菌が増殖して悪化するのでやめて下さい。

 

2016-01-21 21:42:05

小児皮膚科